8月2日(金)

富丘2丁目町内会「お楽しみ交流会」にお邪魔してきました。

この日は最高気温30℃を超える暑い日でしたが富丘コミュニティセンターの体育館には

地域に住む子ども、お年寄り、町内会員さん、町内会役員さんなど80名近くの方が参加し盛大な集まりでした。

 
この交流会は20年程前から、毎年この時期に地域の子どもと大人、お年寄りとの世代間の交流を目的として行われ、

多い時には90~100名の参加者もあったそうです。

 

本日の「お楽しみ交流会」は千歳市レクリエーション協会のスタッフさんが中心となってすすめ、地域のみんなで楽しくゲーム遊びなどを行いました。

輪になってサザエさんの歌に合わせ準備運動を兼ねたダンスをしたり、チーム対抗輪投げ大会等で参加者同士の交流もすすみ大変盛り上がっていました。


交流会の終盤では、受付の抽選箱で引いた番号くじでお楽しみ抽選会も行われるそうです。

 

参加されている方にお話を伺いました。


町内に住む小学生は「毎年この行事を楽しみにしています。夏休みで遊びに来てくれていたおじいちゃんと参加しました。おじいちゃんと一緒に参加できて嬉しいです。」と話してくれました。

網走からお孫さんのところに遊びに来ていた男性は「これからはお年寄りも増えていく時代。お年寄り対象の集まりだけでなく、地域とお年寄りが断絶しないようこのような、色々な世代が交流できる行事はとてもよいと思います。」

「子どもにとってもこのような地域行事に積極的に参加して楽しい体験をすることで、大人になった時に地域の活動に主体的にかかわってくれるようになってくれるのではないかと思います。」とのことでした。


他にも、夏休みのお孫さんに会いに来て一緒に参加している仲良し孫&祖母のカップルもいました。

こちらの小学生も交流会で出会ったお兄さんにすっかりなついて楽しそう!

 

 


富丘町内会ではほかにも地域の子どもを対象とて大人と係る機会の行事が計画されていて、

千寿園でのラジオ体操、子ども神輿、冬まつり交流会など地域の大人が子どもを見守り支えながら、

世代間の交流の行事が予定されています。

行事の案内は「2丁目町内会だより」で告知されますので参加してみてはいかがですか?

 

掲載記事に係るお問い合わせは

北区生活支援コーディネーター池本(地域福祉課地域福祉係0123-27-2525)まで