高齢者福祉は、高齢者が長年にわたって社会の進展に寄与してきた方々であるとともに、豊富な知識と経験を有していることから敬愛され、生きがいをもって健康で安心した生活を送ることができるよう、社会全体で支えていくことを目的に「老人福祉法」に基づいて発展してきました。

現在、高齢者に対するホームヘルプサービスや福祉施設の利用等、具体的なサービスの多くは平成12(2000)年に導入された介護保険制度のもとで実施されており、介護保険制度の他にもさまざまな法律や制度が高齢者の安心な地域生活を支えています。

近年では、認知症高齢者の権利侵害を予防するための仕組みとして成年後見制度や社会福祉協議会による「日常生活自立支援事業」の充実が図られています。また、高齢者虐待の防止・早期発見や、いわゆる一人暮らし高齢者への支援のあり方等、新たな社会問題も顕在化しており地域社会全体での見守りをはじめとする「支えあい」が大変重要になっています。

関連メニュー

関連情報

一覧を見る