愛情銀行では、市民のみなさまの地域福祉に寄せる寄付金及び物品を受け付けております。いただきました貴重な浄財は、千歳市の地域福祉を推進するための貴重な財源等として活用させていただき地域に還元させていただきます。

寄付(預託)の内容

一般預託

 本会へ善意の寄付やチャリティイベント・バザーの益金、香典返しの一部など、金銭としてご寄付いただくものです。
 平成27年度 3,563,520円(92件)

物品預託

 本会へ車いすや介護ベッド、ペットボトルキャップ、リングプル、使用済み切手、使用済みテレホンカードなど、物品をご寄贈いただくものです。
 おむつやタオル類などの福祉施設への寄贈は、直接施設へお持ちくださいますようお願いいたします。

指定預託

 平成26年3月31日をもちまして、以下の内容を除く寄付金を福祉施設や団体等に指定する制度を終了いたしました。
 (1)交通遺児見舞金
  交通事故により遺児となった子どもたちへの見舞金として、福祉向上に役立てられます。
 (2)福祉機器
  車いすや介護ベッドなどの福祉機器を購入するために役立てられます。
  購入された福祉機器は、福祉機器の貸出事業を通して必要な方へ貸出されます。

愛情銀行への寄付(金銭)には税制上の特典があります
 本会への寄付は、寄付金額により税制上の優遇措置を受けることができます。
 (優遇措置を受けるためには、確定申告の際に本会発行の領収書が必要となりますので、大切に保存ください。)

ご寄付に対する税制上の優遇措置について

寄付金は、千歳市社会福祉協議会が実施する事業を推進するうえで大きな支えとなっています。年間を通じて随時受け付けしています。どうぞお気持ちをお寄せください。本会への寄付には、以下のような税制上の優遇措置があります。
  • 個人の場合は、所得税にかかる寄附金控除の対象になります。
  • 法人の場合は、一般の寄附金とは別枠で損金算入することができます。
  • 相続や遺産によって受けた財産を寄附した場合は、その分は相続税の対象外となります。
ご寄付いただいた方には、千歳市社会福祉協議会で発行しています会報「今日から、」にて、お名前を掲載させていただいています。(ご希望されない場合には匿名扱いにさせていただきます)

個人によるご寄付 ~千歳市社会福祉協議会は、税額控除対象法人の証明を受けています~

寄付金控除を受けるには
 寄付金は、税額控除の対象となり、所得税額から控除出来るようになりました。
 本会への寄付は、「税額控除」か「所得控除」のいずれか有利な方式を寄付者が選択し、寄付金控除を受けることが出来ます。
 多くの場合、「税額控除」を選択された方が、税額が従来よりも少なくなります。
 控除を受けるには、確定申告を受ける際に寄付金を金融機関ででお振り込みいただいた際に受け取った領収書、また本会へ持参いただき本会より発行した領収書、及び「税額控除の証明書」の提出が必要となります。
寄付金控除の詳細
  • (1)税額控除を選択した場合
    • (その年に支払った寄付金合計額 – 2,000円)× 40% =(所得税額からの控除額)
      ※寄付金合計額は、年間所得額の40%が限度額になります。
      ※寄付金控除額は、所得税額の25%が限度となります。
  • (2)所得控除を選択した場合
    • (その年に支払った寄付金合計額 – 2,000円)=(年間所得からの控除額)
      ※寄付金合計額は、年間所得額の40%が限度額になります。
      ※所得控除では、所得から所得控除額を差し引いた後に所得税率をかけて税額を算出します。
      ※所得税率は、年間の所得金額によって異なります。所得税率については、国税庁のホームページにてご参照ください。
      国税庁HP https://www.nta.go.jp/
控除額計算式

お申込み・お問合せ(担当者)

社会福祉法人千歳市社会福祉協議会(担当:総務課総務係)
 千歳市東雲町1丁目11番地
 TEL:0123‐27‐2525/FAX:0123‐27‐2528

関連メニュー ~寄付・義援金のこと~