高齢者等の見守りを強化するため、新聞販売や郵便等の配達業務を行う事業者の協力により、配達や集金時などで自宅を訪問した時や配達経路上で、地域住民のいつもと違う異変や気になる様子を発見した時に、社会福祉協議会に連絡をしていただき、孤立死や徘徊による行方不明等の早期発見に協力をしていただく事業です。
活動の手引き
見守り強化月間ポスター

高齢者等のちょっとした異変に気づいたら?

日常業務の中で、気になる様子やいつもと違う異変に気づいたときは、社会福祉協議会に連絡していただき、その後は、千歳市、地域包括支援センター等と連携して安否確認等の対応を行います。ただし、緊急性が高いと思われる場合は、救急車や警察等へ通報をお願いします。

ちょっとした異変とは?

  • 新聞や郵便が数日間たまったままになっている
  • 昼間でも電気が点きっぱなしになっている
  • 洗濯物が数日間、干したままになっている
  • 自宅から異様な臭気が感じられる
  • 道に迷っているか、あてもなく歩き回っているように見える
  • 服装が不自然なままで外出している(季節に合わない服装をしている)

上記のような異変に気づかれたら、社会福祉協議会へ連絡してください

異変を発見した時の連絡先

千歳市社会福祉協議会
TEL:0123-27-2525(平日:8時45分~17時15分まで)
※緊急対応が必要なとき
 家の中で倒れている姿が確認できるなど、緊急対応を要する場合は、直接、警察(110番)か消防(救急車(119番))へ通報してください

「事前登録制度」のご案内

「おとなりの様子がおかしい。3日ほど前から姿を見かけないし、洗濯物も干しっぱなしになっている・・・。大丈夫だろうか・・・。鍵がかかっているので、中までのぞけないし・・・。」

このように、近隣の人が心配しても、鍵がかかっていては勝手に他人の家の中に入り、元気にされているかどうか確認することができません。その結果、発見が遅れ、孤立死という不幸な事故につながる場合もでてきます。事前登録制度は、このような不幸な事故を未然に防ぐことを目的として、事前に世帯状況や緊急連絡先等を登録することで、近隣の人たちや協力事業者等から様子がおかしいと思われる通報があった時に、事前に登録した情報を活用して迅速に安否確認する仕組みです。
事前登録制度の案内

お申込み・お問合せ

地域福祉課地域福祉係
TEL 0123-27-2525

関連メニュー ~地域福祉のこと~