千歳市では平成30年3月8日に「千歳市手話言語条例」が制定されました。
千歳市社会福祉協議会でも、手話について様々な取り組みを行っています。
詳細は意思疎通支援事業のページをご覧ください。

意思疎通支援事業について詳細を見る >>

手話でこんにちは

千歳市手話言語条例の概要

【目的(第1条)】

手話に対する理解の促進・手話の普及に関して、以下の事項を 定め、「市民がお互いに支え合い、安心して共に生きることのできる地域社会」を実現することを目的としています。
(1)基本理念
(2)市の責務
(3)市民の役割
(4)事業者の役割
(5)施策の推進

【基本理念(第2条)】

「手話が言語であること」を前提に「ろう者とろう者以外の人々が意思疎通を円滑に行えるよう、お互いを尊重し合うこと」を基本として、手話に対する理解促進・普及が行われなければならないことを定めています。

【市の責務(第3条)】

市は「手話に対する理解を広げるための施策」「手話を使用しやすい環境づくりのための施策」を総合的かつ計画的に推進します。

【市民の役割(第4条)】

市民は、手話に対する理解を深め、市の推進する施策に協力するよう努めるものとします。

【事業者の役割(第5条)】

事業者は、手話に対する理解を深め、ろう者が利用しやすいサービスを提供するよう努めるほか、ろう者が働きやすい環境づくりのため、手話による意思疎通に配慮するよう努めるものとします。

【施策の推進(第6条)】

市が総合的かつ計画的に推進する施策として、次のものを定めています。
(1) 手話に対する理解の促進及び手話の普及を図るための施策
(2) 手話による意思疎通及び情報の取得がしやすい環境づくりのための施策
(3) 手話通訳者の確保及び養成をはじめとする手話による意思疎通支援のための施策
(4) 前3号のほか、この条例の目的を達成するために必要な施策
市がこれらの施策を推進するに当たっては、ろう者及び関係者の意見を聴き、尊重するよう努めるものとします。

千歳市手話言語条例(全文)

安心して手話を使えるまちへ(広報ちとせ 平成30年5月号)

お問合せ

・手話言語条例に関すること

千歳市保健福祉部 障がい者支援課 障がい福祉係(直通)
電 話:0123-24-0327  FAX:0123-22-8851

・手話通訳、要約筆記に関すること

千歳市社会福祉協議会 総務課 ボランティア係
電 話:0123-27-2525  FAX:0123-27-2528